私のレーシック倶楽部

私のレーシック倶楽部

当サイト「私のレーシック倶楽部」のお役立ちサイドメニューをまずはご確認ください。
様々なレーシックについての情報を詳細にお届けしています。視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。

 

レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。有名なプロスポーツ選手や芸能人など、多くの人がレーシックによって視力を回復させることに成功をしています。
まだ新しい技術のレーシックですが、その信頼性には確かなものがあるのです。




私のレーシック倶楽部ブログ:21-12-05
休日のファストフード店。
あたしは小学生の娘二人を連れて、ランチを取りました。

そのお店は買い上げ金額によってカードを受け取る事ができ、
カードの銀色部分をこすると、ポイントが出てきて、
その点数を集めて、好きなプレゼントと交換する…
というものでした。

あたしの娘達も、
そのプレゼントが大好きなのですが
欲しいプレゼントが別々な状況の中、
二人分のポイントは集まりませんでした。

どちらかひとつのプレゼントを選ばなければならない…

どうするかは二人に任せました。
でも、結局、けんかみたいになってしまい、
今回は弟が我慢することに…

弟はお兄さんと口もきかず半泣きに…

その場は「困ったなぁ」と思いつつも
あたしは静観していました。

しばらくして、
隣の席の女性が席を立つ時に、
「これ、良かったら使って」と
何点かのポイントを譲って下さいました。

そのポイントは、不足分を補うには十分でした。
娘達の喜んだこと!

そのときあたしは娘達にこんなことを話していました。
「今のおばちゃん、天使だよねー。あたし達を助けてくれたよね。
あのおばちゃんにはきっと、いい事があるよ。
あたし達も他の人に喜ばれることをすると、いい事があるかもね。」

娘達は
それぞれお目当てのプレゼントを手に入れ、
さらに余ったポイントを笑顔で
「これ、誰かにあげて来る!」と走り出しました。

見知らぬ人に声をかけるのはためらっていましたが、
何とか声を出す事ができました。

それがその人に喜ばれたかどうかは分かりませんが、
「知らない人が、助けてくれたから嬉しかった」
という記憶は残ったようです。

次につなげていければ…と
あたしは思います。

 
レーシックガイド@ レーシックガイドA レーシックガイドB レーシックガイドC レーシックガイドD
私のレーシック倶楽部 モバイルはこちら