<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。

 

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。
テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。

 



<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:21-9-06

ダイエットをいくら頑張っても
「ふくらはぎ」だけが痩せられないって言う人は、
多いんじゃないでしょうか?

ふくらはぎって、
人によってはとっても筋肉がついていたり、
プルプルと脂肪が揺れていたり…
ふくらはぎが太いせいで、太ってみられるなんて事もしばしば…

ふくらはぎを細くする方法ってないんでしょうか?
そもそも、お腹まわりや大腿部のように、
ふくらはぎの部分ダイエットなんて
あまり耳にしませんよね?
それだけ、ふくらはぎの部分痩せは難しいのでしょうね。

でもね、
ふくらはぎを効果的に細くするためには、
基本が重要なんですよ!

ふくらはぎが太くなる理由の多くは、
油っこい料理やお菓子などの過剰な摂取による脂肪の貯蓄。
これがセルライトになり、
大腿部やふくらはぎにつくわけです。

冷え性も原因の一つといえるでしょう。
ふくらはぎのむくみをそのまま放置するのもよくないですね。
ストレッチでほぐしましょう。

もう一つは、筋肉のバランスが取れていない場合。
ふくらはぎを細くしたいと、知識がないまま焦って取り組めば、
間違ったダイエットになりかねません。

逆に、ふくらはぎに筋肉がつきすぎて、
太くなったなんて事になったら最悪ですもんね。

水泳選手やマラソン選手には、
脚が細くて綺麗な方は沢山いますよね。

ですから、
ウォーキングと水圧の掛かる水泳を両方一度にできる、
水中ウォーキングが効果的かもしれません。

油ものを控えて、老廃物が溜まりにくくするのも大切です。
少しずつでも、食生活などから注意して、
ふくらはぎのむくみの原因を元からなくしていきましょう。


 
レーシックガイド@ レーシックガイドA レーシックガイドB レーシックガイドC レーシックガイドD